掲示板

お知らせ

☆放送委員会、全国高校放送コンテスト初優勝!!

 7月25日(月)から28日(木)まで、第63回NHK杯全国高校放送コンテストに安積黎明高校放送委員会が出場しました。その結果、創作ラジオドラマ部門で本校放送委員会の出品作品が初優勝の快挙を達成しました。作品名は「授業実況」です。この作品の制作を担当した佐藤未依奈さん(2年)は「放送委員会の仲間や先生のおかげ。これからも頑張りたい」と話しています。
 また、テレビドキュメント部門で優良賞、創作テレビドラマ部門とラジオドキュメント部門で入選を果たし、作品を出品した四部門すべてで入賞を果たす快挙を達成しました。おめでとうございます。放送委員会委員長の長井楓さん(3年)は、「地域の方々にもインタビューに協力してもらったり、たくさん助けてもらいました。感謝の気持ちを忘れず、楽しい作品をつくっていきたい」と話しています。
 顧問の祓川先生は「NHKが作ることのできる作品はNHKに任せておけばいい。高校生にしか作れない作品を目指すように、と指導している。長い時間をかけて努力を重ねた結果を認めていただいてうれしい」と生徒の努力をたたえています。
 


 くわしい大会結果等については、こちらをご覧ください。

◎「学校説明会」を行いました

 7月25日(月)、来年度入学希望者を対象にした「学校説明会」を行いました。1300名以上の中学3年生と保護者の皆さんに参加いただきました。暑いなか本当にありがとうございました。
 説明会は、生徒会役員や学校説明会委員による受付・誘導・進行や、バスケットボール部などの運動部員による会場整備などの協力のおかげで、大きな混乱もなく、とても良い会になりました。来校いただいた皆さんに、黎明生が活躍する様々な姿を見ていただくことができました。
 説明会の様子については『学校説明会のページ』をご覧ください。

☆快挙! 山﨑君、クーパー国際コンクール優勝

 クーパー国際コンクール、ピアノ部門に出場していた本校3年生の山﨑亮汰君。このホームページでもお伝えし、地元紙にも報じられていたように、厳しい審査を突破し、コンチェルト・ファイナリスト3人に残っておりました。日本時間の本日7月23日午前に行われた「コンチェルト・ファイナル」で、世界的な名門オーケストラの一つであるクリーブランド管弦楽団をバックに、セルゲイ・ラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第2番を演奏、見事に第一位を獲得しました!! おめでとうございます。

◆山崎亮汰さんの結果発表後インタビュー
Q:今回の演奏についていかがでした?
山崎:本当に最高のステージで、言葉にならないくらい感動しています。ラフマニノフのピアノ協奏曲2番という曲が本当に大好きで、その作品を、クリーブランド管弦楽団という素晴らしいオーケストラの皆さんや素晴らしい指揮者の先生と演奏させていただいたことがとにかくうれしかったです。リハーサルは1回通す程度だったのですが、それが上手く行ったので自信になり、本番をむかえることができました。本番ではリハーサルよりもさらによく弾けたのではないかと思います。

Q:今後の抱負をお聞かせください。
山崎:今回、このコンクールに参加して、色々な人たちから刺激を受けました。今までも考えてはいましたが、海外で勉強して、より広い世界を知りたいなと、改めて強く思いました。
◆源後正能校長先生からのコメント

 「山﨑君の日頃の努力の成果が実を結び、とても喜んでいる。この国際的な活躍は、全校生徒の励みにもなる。今後の更なる活躍を期待している」

Yamazaki_cooper2.jpg                   表彰式の様子   

d60f063f4c1bef06ba14.jpeg
The 2016 Cooper International Competition Concerto Finalists (from left): Nathan Lee (third prize), Ryota Yamazaki (first prize), and Evren Ozel (second prize). (主催団体のHPより)

♪♪ おめでとう! 山﨑亮汰君、国際ピアノ・コンクール決勝へ

 本校の山﨑亮汰君が、米国オハイオ州にあるオバーリン音楽院で開かれている「トーマス&エボン・クーパー国際コンクール」のピアノ部門に出場しています。今朝の「福島民報」「福島民友」紙上で、山﨑君の入賞が確定したことが紹介されています。事前の録音審査を経た29名がアメリカでの本選にすすみ、15人、10人と絞られ、6人のリサイタル・ファイナリストに選ばれたという記事でした。日本時間の本日午前にリサイタル・ファイナルが行われ、見事、山﨑君はコンチェルト・ファイナリスト3名に残ることができました。この後、22日(日本時間23日)に世界有数のオーケストラ、クリーブランド管弦楽団の伴奏によるコンチェルト・ファイナルで、1位/2位/3位を競います。日本からエールを送りましょう。

(6月の校内合唱コンクールでピアノ演奏を披露する山﨑君)

◎愛の献血キャンペーンにボランティア参加しました

 「平成28年度 愛の血液助け合い運動」月間に伴い、郡山市と福島県赤十字血液センターが主催した街頭献血キャンペーンが、7月17日(日)にイオンタウン郡山で行われました。ボランティア募集の呼びかけに応え、黎明生も11名が参加しました。

 郡山高校や郡山東高、郡山北工の生徒の皆さんとともに、黎明生も11名が参加しました。

 オープニング・セレモニーでは、放送委員会の佐藤未依奈さんと三浦夏菜さんが司会の大役を務めました。

 キャンペーンにはAKB48チーム8の舞木香純さんも参加。舞木さんは福島県献血推進ガールを務める福島県出身のアイドルです。
 名前にちなみ、かすみ草の産地である昭和村の中村副村長さんから、かすみ草の花束が贈られました。今の時期に首都圏に出回るかすみ草の7割が昭和村産だそうです。この日、献血に協力いただいた方へのプレゼントとして300束がプレゼントされました。

 キャンペーンにボランティア参加した市内の高校生の皆さんと舞木香純さん。

 みなさん、愛の献血にご協力下さい。よろしくお願いします。(恕の精神に溢れる黎明生からのお願いでした♡)

◎役員認証式・賞状伝達・壮行会が行われました。

 明日(7/15(金))からは夏休み。と言っても、明日からは全学年で夏季課外が始まります。
 休みに入る前の全校集会に先だって、生徒会旧役員の退任式、新役員の認証式、春休み以降に行われた各種大会の表彰関係の賞状伝達式、東北大会・全国大会に出場する部活動・委員会の壮行会と、盛りだくさんでした。

旧役員の皆さん、お疲れ様でした。代表して七海生徒会長からあいさつがありましたが、引き続き「花かつみ祭」までは、よろしくお願いしますね。

新役員を代表して、新しく会長になった柳沼万友佳さんが認証状を受け取りました。

賞状を伝達される皆さん

代表者が壇上で源後校長先生から賞状をいただきました。

全国大会に出場する かるた部と放送委員会、東北大会に出場する水泳部と、県選抜で東北大会に出場する男子ソフトボール。新しい生徒会長から激励を受けました。

応援委員会のリードで、体育館に力強いエールが響きます。

◎ふじもん先生の”世界一の授業“

 6月29日(水)、「総合的な学習の時間」として『がんばっている大人の話を聞く会』という企画を全学年で行いました。内容は、藤本正樹先生の『ふじもん先生の世界一の授業』という講演でした。藤本先生は、プロ・スキーヤーを経て中学校の先生に転身し、さらに「子どもたちの世界観を広げたい。」という想いから中学校を退職して、世界中への旅を続けながら、そこで見て体験したことを若い世代に伝える旅人先生として活動しておられます。


 軽妙なトークで笑いに包まれながらも、様々なことを考えさせられました。


 世界のリアルを知りました。

 アメリカで高齢者を対象に行われたアンケートで、「人生で最も後悔していることは?」に、7割の人が「挑戦しなかったこと」と答えたそうです。偏見や先入観を持たないこと、あきらめずに挑戦することの大切さを、繰り返し強調されていました。

◎花かつみの植栽を行いました

 今日(6/9)から前期中間考査が始まりました。1年生にとっては初めての定期考査で、きっと緊張したことでしょう。
 午後、PTAの福利厚生委員会の活動として「花かつみ」の植栽を行いました。ちょうどよく作業中には雨も止み、無事に植栽ができました。周囲の除草もしていただきました。きっと、きれいな花を咲かせてくれることでしょう。

◎生徒会役員選挙が行われました

 6月1日(水)、次期生徒会役員を決める役員選挙が行われました。立会演説会では立候補者からの決意と、推薦者からの応援演説がありました。その後、“本物”の投票箱を使い、投票が行われました。
 選挙に先立って行われた源後校長先生のお話では、今夏に予定されている国政選挙から投票権を持つことになる3年生がいることに触れられ、自らのこととして関心を持ち、責任感を持って臨んで欲しいと話されました。